大阪府議会議員 奴井和幸 / ヌイ和幸 【自由民主党】
奴井和幸 / ヌイ和幸

令和3年5月定例府議会の閉会にあたってのご挨拶

はじめに、新型コロナウイルスでお亡くなりになられた方々に、心よりお悔やみ申し上げますとともに、現在療養中の皆さまの一日も早いご回復をお祈りします。  また、最前線で治療・看護にあたっておられる医療関係者はじめエッセンシャルワーカーの皆さま、そして、府からの様々な要請等にご協力いただいているすべての皆さまに深く感謝を申し上げます。

5月21日に、会期を20日間とする令和3年5月定例府議会が開会しました。今定例会では、令和3年度一般会計補正予算案(第3号及び第4号)をはじめとする議案30件、報告17件などが上程され、入念な審議が行われた結果、賛成多数で可決され、6月9日に閉会しました。

 営業時間短縮協力金の支給の遅れや、感染拡大防止に取組む飲食店への新たな認証制度「ゴールドステッカー」の公平な運用といった課題はあるものの、新型コロナウイルス感染症から府民の命とくらしを守るため、府職員の皆さんが必死に知恵を出し合って作り上げた一般会計補正予算案については、賛成をさせて頂きました。

   しかし、大阪都市計画局の共同設置をはじめとする「大阪府市一体条例に基づく関連議案」については、過去2度の住民投票で示された民意や、国が示す地方分権改革、府がこれまで行ってきた地方分権の流れにも逆行するものであるため、反対をさせて頂きました。

 結びに、現在、府内各地で高齢者向けのワクチン接種が開始され、今後、接種対象が拡大されますが、予約受付の方法や接種従事者の確保などの課題があります。また新規感染者数は減少傾向にありますが、府内の医療体制は引き続き逼迫した状態が続くなど、依然として予断を許さない状況が続いています。

大阪府議会では、引き続き、府民の皆さまの生命と健康を守り、元気な大阪にするため、様々な取り組みを展開して参ります。  皆さまにおかれましては、引き続き感染拡大防止の取組みをお願い申し上げます。

大阪府議会議員 警察常任委員会・委員
自由民主党・堺クラブ 代表
奴井 和幸